2017年05月12日

藤井で赤間

間違った方法で選んでしまうと本来は美味しいはずの蟹の良さが味わえないことになります。美味しいカニを味わうために、正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。

タラバガニを選ぶ際に重要なのは、調べるべきことは重さがどうなのかで、まずは第一のチェック項目です。また、綺麗な甲羅に目が行きますが、そういうものは選ばずに、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。
全国各地で美味しい蟹が獲れますが、中でも第一にその名が挙がる漁場といえばやはり北海道でしょう。多くの種類の蟹が獲れる北海道。


品種によって多少の差はあれど、そうしたケースを差し引いても、トータルでは北海道は日本一の蟹の産地といえるでしょう。



ところが、現実には、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースがけっこうあり、意外な気分になります。
吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんとなく食べたくなるものってありますよね。
かにってそんな雰囲気をかもし出す食べ物だと思いませんか。

近年ではすっかり定着した習慣になり、嬉々として通販での注文をし、様々な産地や種類のかにの食べ比べをしています。



http://xn--vekz62gzrae75jpyuvucktm.xyz/
例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎてどうやって選んだらいいか、ものすごく悩みますよね。

生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、何といっても安いものではないので、どれだけサービスしてもらったとしても、やはりそこそこのお値段はしますから、なるべく美味しいものを失敗なく選べたらいいですよね。

その不安を解消するのにぴったりなのが口コミです。できればそのお店自体のサイトだけではなく他のところのもチェックすれば、ハズレを引く確率をぐっと抑えられます。メスのズワイガニは別名セコガニです。ある場所では、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。それに比べて、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

様々な中華料理のうちでも高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、上海蟹とは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。



常に市場で扱われており、オフシーズンなく味わえはするのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、格別の味とされ、大切にされています。夕食のテーブルにかにがあるだけでうきうきしてきたという思い出は誰にでもあるものです。
とりわけ丸ごとのかにを見れば、どれほどみんな嬉しかったことか。
近所のスーパーでかにを買おうとしても、一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。かにを丸ごと買うなら、通販という手があります。
新鮮さは市場と変わらず、お店を通さない分安く買えることが多いので、お財布にもやさしいでしょう。
花咲がにを食べたことはありますか。北海道の東端に近い、根室の花咲近辺が産地となるかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリが正しいのです。
といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにの一種と言うことで一般に扱われています。濃厚な身の味わいと食感の良さ、希少価値もあることから、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。
プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。



はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。そして、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。
腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。



胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。



ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。
以上が蟹の捌き方の基本になります。

他の水産物でも同様ですが、蟹も実は好きな時期に漁をすることはできず、一定の時期にならないと漁が解禁されません。全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとするという規制がなされています。毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、自分の好きな品種について、解禁日を把握しておくことが大事だと覚えておきましょう。味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店や通販で売っているものを買う以外にも、意外かもしれませんが、温泉へ行くという手段です。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。しかし注意点が一つあり、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。





Posted by はさこふゆ at 11:04│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。