2018年05月11日

大槻で小坂

乳酸菌シロタ株と言ったら、何といってもヤクルトです。昔、白血病になり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。

見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手あまたのCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、とても効果が期待できそうな予感がします。

身体に乳酸菌が良いことはよく知られている事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。



これについても本当かどうかなんてわかりません。


それは、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であり、即効性が期待できる治療薬ではないからです。

一度試して自分に合うかを確認してから判断するのがよいです。以前から腸内環境をきちんと整えるとヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、実のところは、ヨーグルトと同様に納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食品のようです。

「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。これではちょっと恥ずかしい思いがします。ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として目を止める存在となっています。事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の動きが活発になり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、内臓環境を整調してくれます。乳酸菌とオリゴ糖は両者ともお腹の機能増進や健康の維持には欠かしてはならない重要な成分であります。

アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、症状の改善がされる可能性があります。



腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという名の抗体が発生します。
そして、発生したこのIgEがあまりに多く作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギー発生につながっていきます。

ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。
二年前より花粉症となってしまって、ずっと鼻水がやまなくなりました。
お薬を飲むことは避けたかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを使ってみました。現在のところ、これで花粉症の症状が軽くなっています。
近年の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かるようになってきました。インフルエンザに関してはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力というものが向上して、インフルエンザ予防になったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。実際、便秘になっても、薬によって簡単に、解消できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。

食物繊維を多く含んでいる食事を摂るのは効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。


野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。乳児がインフルエンザになったら、きわめて大変なことになりかねません。

まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも無きにしも非ずでしょう。



インフルエンザ患者が多い時には、赤ちゃんを連れださない方が利口かもしれません。乳酸菌には多くの効果があるようですが、中でも腸を整える効果が高いといわれています。内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸の中が活発になり体の中に停滞していた便が排泄されやすくなります。

http://www.theonlywayisdownton.com/
それにより、便秘や下痢が緩和されます。乳酸菌を常に飲むことで整腸効果が高まります。


Posted by はさこふゆ at 05:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。