2018年10月21日

金沢の村野

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、予想よりも大量のかにが届いてしまったという話を聞きます。
かにを実際に見ながら買ったとすれば、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、食べきれる量しか買わないのが普通です。
けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、届いてその量に青ざめたという人は噂で時々聞きますので、食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。



かにの通販は本当にたくさんありますよね。


かにの種類や産地を決めた後、産地でボイルしたものと、活かにとで決め手がないと思った方もたくさんいらっしゃるでしょう。

通販のかにの加工法を選択するときは選べるなら、何といっても活かにです。どこの通販で見ても、活かにが新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。


贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。
通販は届いてみるまで品物が見えないですから、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。生鮮食品の解凍は難しいものです。解凍の際には急がず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。
初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。



多くのブランド蟹が知られていますが、多くの人が一番に思い浮かべるのはズワイガニではないでしょうか。蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。

ズワイガニの美味しさを知れば、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚のタグを見ればどのブランドかがわかります。
ブランド蟹のタグが付いていれば、味や品質にはまず間違いはありません。
皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。ご馳走の代表格である蟹。



蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。

種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によって分かれますから、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、どの蟹はどんな特徴を持っているのか、よく知っておくことも肝要であると言えるでしょう。

色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、タラバガニ、ズワイガニなどです。

この二つは私もお勧めです。



鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。
腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。
お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。


腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。


この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるのが上手な調理の仕方です。
テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、期待はずれだったり価格が適正でないということを言い出す人も増え、問題になったこともあります。カタログなどでイメージしていた商品と実物とのギャップが原因となることがほとんどです。
あとは業者の対応に関することですね。

よからぬ業者にひっかかり、損な取引を避けて、安心してかにを楽しむには、通販の会社を見て判断する代わりに全国のユーザーの口コミやレビューで判断し、お店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。


http://www.theplace-gym.com/

最近やたらと増えているSNSなどで検索すれば思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。



たくさんの方とお話ししていて、味が最高なのはどのかにかとよく言われます。
ズワイガニをおすすめして、はずしたことはありません。ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く地域ブランドのかになので、皆さんご存じの松葉ガニや越前ガニなど、地域の名前入りのタグをつけたズワイガニはブランドに恥じないおいしさです。
ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。
蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱っていますが、初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、生の蟹よりも冷凍の蟹です。水揚げ後すぐに茹でて冷凍されたものを選びましょう。
「えっ、活きた蟹のほうが新鮮で美味しいんじゃないの?」と思う方は多いでしょうが、活蟹は上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。



また、慣れていない人が蟹を茹でるのはご自宅ではやりづらいですから、あらかじめ茹でてある蟹を選ぶほうがいいのです。
自宅で専門店並の蟹を味わいたい方は、手軽に蟹の魅力が味わえる、蟹通販を試してみませんか。
生鮮食品を通販で買うというと不安な方もいるかもしれませんが、蟹通販では、北海道、山陰地方、福井県など、蟹の美味しい地域から直接、自宅に取り寄せることが可能です。


各地で獲れたばかりの新鮮な蟹を簡単に買って楽しむことができるのが、店舗とは違う蟹通販の利点だといえるでしょう。

さらに、身崩れなどの蟹が「訳あり」として出ているので、店頭で買うよりずっと安く、美味しい蟹を味わうことができます。


Posted by はさこふゆ at 05:36│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。