2018年12月04日

せとっぴだけど平松

インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

でも、気にしなくて良いです。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。


インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。



検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
http://xn--vek659lykd1usplx4lj12g.xyz/

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。



さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


Posted by はさこふゆ at 07:03│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。